Secret Ninja Blog

プロダクトマネージャーしてます

ありがとうHalp、そしてさよなら!

2022年8月にAWSがSlackからのサポートチケット起票をサポートし始めた。

そんなアナウンスは出していないが、2016-7年ぐらいからトレジャーデータでも顧客とのSlackの問い合わせ対応を始めていた。 正確に言えば、その前からSlack上での顧客の質問には回答していたのだが、Slackのチャンネル数が増えすぎて、全チャンネルに入るのが厳しい状況になり、 SlackとZendeskで双方向で会話ができるHalp (a.k.a BubbleIQ)を2016-7年から使っていた。

2017年から現在に至るまで、Halpはアトラシアンによる買収、Atlassian Assistへのリブランディング、そしてついにAtlassian製品以外との連携を2024年6月4日廃止するアナウンスがされた。

トレジャーデータでは、Zendeskを利用しており、事実上来年までにHalpを置き換える代替案を考える必要ができてしまった。その一方で、長年自分たちのサポートの効率さを支えてくれたHalpへの感謝を述べておきたい。

Halpは、ZendeskとSlackの双方向を可能にしてくれるサービスだ。何が嬉しいかというと、顧客はSlackにいながら、サポートはZendeskにいながらお互いに会話ができることになる。

とてもシンプルな機能なので、最初に実現したいと思ったときは自分で作ろうかなとも思っていたが、たまたま検索していたらたまたまBubbleIQ (創業当初の名前)が同じ月くらいに創業しており、値段も安かったので使い始めた。

今では年間1600件以上のSlackからのエスカレーションをHalpを介して捌いている

Halp創業者のFletcherに何かの機会にLinkdeinでコメントした時に、実は自分が彼らの最初の顧客だったと教えられたりもした。

また、Zendeskのサンフランシスコのイベントに参加した際には写真を撮ってもらったりもした。

自分自身もスタートアップでいることもあり、彼らがAtlassianに買収されて一つのExistを迎えた際にはよかったねーと嬉しい気持ちになった。

Announcing our acquisition of Halp - Work Life by Atlassian

とはいえ、買収されるということは会社の方針が変わりうるということでもあり、Zendeskへの連携廃止はある種仕方のないことであり、残念だが廃止までの間に次のソリューションを現在探している。いずれHalpとの別れは来る。

いままでありがとう、BubbleIQ and Halp!