Secret Ninja Blog

Support Engineering Director してます

Swag Management Platformが便利なのかもしれない

先日、サポートの四半期サーベイとして前クォータで問い合わせをした海外の顧客に対して、テクニカルサポートの品質に関するサーベイを送ってみた。

結果として返答率が1%強で、全体のユーザ数も何千人に送っているわけではなかったので、そもそも回答率をあげないと何も参考にならんのでアカンな、という気持ちになっていた。 たとえ数問でも何らかのモチベーションを作らないとなあというところでふと思い出したのが、Zendesk Online Communityでいくつか活動した際に送られてきた下記のメールだ。

f:id:toru-takahashi:20200402212815p:plain

要はTipsとかあげてくれてありがとう!URLから必要項目入れるとノベルティが届くよ!ということだった。 実際に開いてみると下記のTシャツがもらえるということで、ためしに日本の住所を入力したのが普通に届いて、便利だなあとその時は思ったものだった。

f:id:toru-takahashi:20200402212829p:plain

上記の仕組みは下記のPrintfectionというサービスで提供されていて、まさにノベルティの配送や作成まで全部クラウド上で完結するSwag Management Platformだった。

www.printfection.com

日本のサービスだとSuzuriが近いサービスなのかな、と思ったのだけれども、Printfectionだと送料やノベルティ代を企業側が負担できるというところが違う。

suzuri.jp

ノベルティ配布とかでよくある話だとマーケが頑張ってオフィスで箱詰めしたりするようなケースが散見するが、ノベルティ配布もクラウドサービス上で全て完結できると諸々良いのではなかろうか。(もちろんこのサービスの中のノベルティを作っている人たちにはコロナウィルスの影響もあってこうした配送なども大変で迷惑な話なのかもしれないが。)

アンケートの回答者にはSwagを送るようにしてあげることで返答率を高めるような施策も次回は検討していきたいところだ。